タグ「しおり」 の検索結果(1/1)

2012年11月16日

岡田副総理との街頭演説動画をアップしました

11月11日イトーヨーカドー尾張旭店東側ロータリーにて行った山尾しおりが岡田克也副総理とともに、街頭演説を行いました。


2011年4月27日

日韓図書協定

   日韓図書協定をめぐる質疑に立ちました

 本日の外務委員会。日韓図書協定をめぐる参考人質疑に立ちました。
 
 昨年8月10日、日韓併合条約100年の節目に菅総理の談話が発表されました。続く11月14日、この談話を受けて、日韓の外相が「日本政府が保管している朝鮮半島由来の特定の図書を韓国に引き渡すこと」を内容とする協定に署名をしています。これがいわゆる日韓図書協定です。
 昨年の臨時国会で審議に入ることができなかったこの協定の国会承認をめぐって、今国会の外務委員会で審議入りしました。
 そして、今日、3人の専門家の方を参考人として委員会にお呼びして、私は質疑に立たせて頂きました。

 決まったものは「速やかに実行」する。
 しかし、「歯止めはしっかり」かける。
 こんなスタンスで質疑に立ちました。

 今回の協定の意義は、日韓併合条約100年というタイミングで、日本が自主的に具体的な措置を講ずることにより、この措置に込められた日本の思いを受け止める韓国との間で、「未来志向の日韓関係」というスタートを実質的に切ることができれば、そのことはまさに日本の国益になる。ここに意義を見出しうると思っています。
 裏を返せば、総理談話を発表し、両国間で交渉を重ね、両外相が署名までした段階に至って、国会承認のタイミングを失すれば、かえって国益を害することにもなりかねないと危惧しています。
 そういった意味では、今日委員会で議論を尽くし、承認の採決ができたことはよかったと思います。

 ただ、今回の引き渡措置をめぐっては、「1965年の日韓基本条約を空洞化するおそれがある」として反対の立場をとる方もいらっしゃいます。自民党の議員の方の質疑もそういった立場に立脚する内容でしたし、うなずける議論が多かったと思います。
 私は、「空洞化のおそれ」は否定しません。だからこそ、「空洞化につなげないため」の努力が不可欠だと思います。
 韓・仏間で結ばれた同種の合意文書に「唯一無二の特性を持つ措置であり、ほかのいかなる状況にも援用され得ない」と書きこまれているように、これくらい踏み込んだ歯止めを協定文書に記載してもよかったのではないか、とも思います。
 少なくとも、今後とも、今回の措置は、「法的義務に基づかない自主的な特別の措置であって、前例となるものではない」ことを、国内でも海外でも繰り返し確認・発信していく必要があります。

 来月には、昨年も参加させて頂いている「日韓未来構想」という枠組みの中で、韓国の議員と釜山で再会する予定もあります。
 ぜひ、今回の措置が、「未来志向の日韓関係」構築に実質的につながっていく道筋など議論したいと思います。
20110427_1.JPG

2011年1月 6日

息子誕生

 2011年1月5日14時10分、3132gの男の子を出産しました。

 1月4日深夜2時の破水から始まって、約36時間の、私にとっては長い旅でした。

 出産に向かう車内では、「よし、息子くんを無事この世界に連れてくるぞ!」と意気軒昂だったワタシ。

 でも、実際は、ゴールの見えない陣痛に朦朧としながら、私自身が息子くんに引っ張ってもらってこの世界に一緒に戻ってきたという方がしっくりきます。

 足の間から聞こえた初めての泣き声、その次の瞬間、胸の上に現れた赤紫のちっちゃな体。授けていただいた幸運と、ここに至るまでにたくさんの方に頂いた暖かい気持ちに、心から感謝します。

 本当にありがとうございました。

 そして、これからも親子共々よろしくお願いします。


20110105.JPG

2010年12月10日

地元の方々と

 この5日間、地元でたくさんの方とお話しできました。

 一人ひとりとの出会いや会話が盛りだくさんですが、写真でご紹介します。

 

●「青年海外協力隊を育てる会」会長と、率直かつ前向きな意見交換ができました。

20101210_1.JPG

●瀬戸市水野の「そばまつり」にて、増岡市長と長江県議とともに。

20101210_2.jpg

●予算編成で忙しい中、大府市久野市長に時間を頂いてパチリ。

20101210_4.jpg

●尾張旭市の谷口市長とは、旭の人気者「あさピー」と一緒に。

20101210_3.jpg