2015年7月16日

安倍政治を許さない

 昨日、安保法案が衆議院特別委員会で強行採決されました。
 私も委員会室でプラカードを持って、与党議員に対し「国会議員なら憲法守って!」と必死に声をあげましたが、採決を阻止することができませんでした。
 くやしい。そして、申し訳ない。
 私は、この日を生涯忘れない。

CIMG0112.JPG
 
立憲主義・法の支配・国民主権。
大事なものが壊れるとき、それを容認する人間は無表情になることを知りました。

 安倍総理は採決を見届けることなく部屋から逃げ出し、中谷防衛大臣と岸田外務大臣の視線は宙を泳ぎ、無言で座席を詰めてバリケードをつくる与党議員は能面のような顔をしていました。

 今日の中日新聞のアンケート。
 自民党議員は、全員無回答。すべての問いに空欄でした。
 テレビの取材にも、ほとんど応じる議員がいない、と聞いています。

 与党議員ですら心を空っぽにして、声を押し殺さないと受け入れられない憲法違反の法律が、あと数時間で衆議院を通過しようとしています。

 私たちも、最後まで全力で阻止します。
 しかし、本会議で採決されてしまったとしても、終わりではありません。
 舞台は参議院へ、そして街頭へ、地域社会へと広がります。
8月6日ヒロシマ、9日ナガサキ、15日敗戦の日を迎え、当時の日本人に何が起きたかを思い返すほどに、私たちの良識は力を持ってその姿を立ち上げると思います。
今国会が閉じるときに、本当にこの違憲法案が成立しているかどうかまだ誰も分かりませんし、そうあってはならない。

 国会の外には希望があります。
 連日、国会の周囲では、世代を超えて、立場を超えて、党派を超えて、多くの市民が声をあげています。
 議員会館でこの原稿を書いている今も、開いている窓から、力強い声が聞こえてきます。
 
 社会には、多様な考え方があるから素晴らしいこと。
 多様な考え方の人々が、互いに敬意を持ちながら、意見を交換していく過程こそが、人間の知性の源泉であること。
 その知的な活動を恐れて、審議を打ち切る安倍政治政権には、この国を統治する資格がないこと。

 大きな方向性を共有できるゆるやかな連帯が、必ずこの国の立憲主義・法の支配・国民主権を救う。
 私も、連帯の一員として、政治家として、懸命に闘います。
 
 今週末の三連休は、皆さんとともに、地元で「安倍政治を許さない」街頭キャンペーンをはりますので、ぜひ一緒に闘ってください!
 日時・場所等、おってホームページにあげます。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://yamaoshiori.jp/mt/mt-tb.cgi/161

コメントする