2012年11月16日

政治家として堂々と勝負します

 初めて解散の「バンザイ」を経験し、地元に戻る新幹線にて、この原稿を書いています。

 

 両院議員総会あるいは記者会見での総理の訴え、見事だったと思います。

 また、今日を最後に引退される渡部恒三先生、中井洽先生、中野寛成先生の演説も素晴らしいものでした。

 たかが言葉、されど言葉、政治は言葉。改めて痛感しました。

 

 私自身、民主党が進めてきた方向・政策は間違っていないと信じてきました。 

 しかし、何より反省すべきはそのガバナンス。道半ばにもかかわらず党内批判を外で繰り広げたり、道半ばの改革を投げ出して選挙前に船を乗り換えたりという一部の行動が、党全体の信頼を低下させていると感じてきました。

 今日も離党が続きます。

 しかし、今日本が抱えている課題に対して、解決しよう、前進しようとしているのは民主党だと、私は確信しています。

 この厳しい状況でも党に残った仲間とともに、国会議員として数を形成し、政策を実現させていけば、素晴らしい日本を子どもたちに引き継げると確信しています。

 

 消費増税分は社会保障に全額回して、持続可能な社会保障制度に向けて前進する。増税しては公共事業に回す旧来型の政治に戻さない。

 医療・環境・農業・林業・水産業・中小企業など「人への投資」を中心にした新しい成長モデルに向けて前進する。「10年200兆の公共事業バラマキ」旧来型の成長モデルに戻さない。

 「2030年代原発ゼロ」を実行しグリーン成長に向けて前進する。「結論10年先送り」で旧来の原発推進政策に戻さない。

 

 課題を前に、前進するのか、戻るのか。

 将来世代への責任を果たすのか、逃げるのか。

 

 ひと月の選挙戦で、自分の言葉で、まっすぐに訴えていきたい。

 

 今日電話口で、ある方からこんな言葉をかけて頂きました。

「もっと、もっと、もっと頑張れ。もっと、もっと、もっと成長しろ。文句を言えばきりがないけど、山尾の他にいない」と。

 

 3年3ヶ月の成果と成長、そして何よりも、私心なく国の未来を思う志を問われる選挙だと思います。

 成果も課題も自分の責任。 

 まっすぐ受け止めて、政治家として、正々堂々と勝負します。

 

 もう既に尾張旭事務所では、党所属の議員の皆さんをはじめ、たくさんの方が戦いを始めて下さっています。

 21時過ぎに合流をして感謝を伝え、心ひとつに戦い抜きます。